起業するなら必見!資金サポートの概要と申込み方法

資金サポートってどんなものがあるの?

多額の資金を集める場合、いくつかの方法がありますが知人や親族に融資をお願いする方法が挙げられます。 他にも投資家やベンチャーキャピタルというサービスを使って、融資してもらう方法もある様です。ここでは個人から融資と言う点にスポットを当てています。

銀行や国・制度を使って資金を集める

個人から融資してもらうのも良いけれど、起業する為に信頼を付けると言う意味で国や法人から融資してもらう方法もあります。 これらの資金サポートは、単に借入と言う意味では無く企業としての信頼度をアップさせる効果もあるので、企業として箔をつけたい場合にもぴったりです。

クラウドファンディングとは?

クラウドファンディングは、専用のサイトを通じて自分の企業や商品についてアピールし、それに共感・同意してくれた人から資金を集めるサービスです。 個人・法人問わず、登録すれば誰でも気軽に資金集めが出来るサービスですが、その反面注意しなければならない事もあります。

個人から資金を集める方法とは

一昔前よりも起業のハードルは低くなり、今や有効なアイディアやコネクションがあれば、誰でも起業出来る様になりました。しかし起業には多額の費用が必要で、自分だけの資産や資金で起業するケースは稀です。多くの方が様々な手段で資金を確保し起業していくのですが、ここでは資金集めの為のサポート、サービスを公開しています。
ちなみに法人としての登録、起業するだけであれば25万円程あれば問題ありません。内訳は登録免許税に15万円程度、定款謄本手数料が2~3000円、定款認証・収入印紙にそれぞれ5万円程度発生するのみです。これだけで法人と名乗れる資格を得るのですが、問題はそこから先の事務所の確保やサービスを具現化する為の費用確保です。
資金書確保の方法は、他人資本・自己資本の2種類に分かれていて自己資本は、その企業の純粋な資産で株主が出資した資本金や繰り越し損益を指し、企業の利益を上げたり、新たに株式や事業を立ち上げたりして増やす事が出来ます。但し、これから起業する場合は自己資本が使えないので、他人資本に頼る事になります。
他人資本は将来返済する必要のあるお金で、簡単に言えば借入金と同じです。その借入金を得る為に利用するのが資金サポートです。
資金サポートには個人・企業(法人)・クラウドファンディングと様々な種類があり、メリット・デメリットが存在します。これから起業を考えている方や、資金繰りがうまくいかず借入金を増やそうと考えている企業は必見の情報です。