起業するなら必見!資金サポートの概要と申込み方法

銀行や国・制度を使って資金を集める

創業補助金を利用する

資金サポートをしてもらうなら、創業補助金がおすすめです。
多くの企業が提供しているサービスで、これから起業する会社に融資をしてくれます。借入金では無く補助金なので返済の必要が無いのが大きな魅力です。
申込方法や期間、補助金の金額は毎年異なりますが、厳密な審査という事に変わりはありません。事業計画書や資金計画、企業としてのプランや提供するサービスなど、様々な書類が必要になります。
このサービスは審査が通れば良いですが、確実では無く時には落選する事もあります。仮に落選してしまった場合にはなぜ落選したのか?どうすれば審査をクリアできるのか?と言ったサポートをしてくれる企業もあるので、これらを頼るのも賢い方法です。

公庫から融資を受ける

日本政策金融公庫というのは日本政府が株式出資をしている団体です。日本経済の活性化や生活の質をグレードアップする為に活動していて、民間企業とは違う働きをしています。
この公庫は様々な融資制度を行っていて、起業状況や対象者によって提供するサービスが異なります。事業主のほとんどが対象の普通貸付は、上限が4800万円、特別設備資金7200万円となります。新規開業資金は起業前や起業してから7年以内の会社で上限は7200万円です。女性や35歳未満、または55歳以上の方が対象です。
これらのサービスは創業補助金と同じく厳しい審査が必要になります。事前に公庫側へ相談すれば必要書類やアドバイスをしてくれるので、相談から始めてみましょう。